テーマ:散策

苗木城址    散策日19/04/15

 久し振りの遠出です、途中あちこちで車窓から桜を眺めながらのドライブ、前方には気を付けながら安全運転で二時間超の道のりでした 城址への入り口ですが、左へ200mで桜公園の案内あり 風吹門跡城址への入り口で左上に見える石垣は、大矢倉跡です 山頂の本丸跡も見えています 大矢倉の表です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタの森        散策日 19/03/09

 穏やかな昼下がり、ぶらりと春の確認に歩いてみました。 まだまだ目覚め前、お邪魔してしまい、すみませんでした。 この池に来る大きな水鳥は何者(川鵜?)誰かご存知ありませんか 僕(木)頑張っています 高い梢にかすかに色づいたシデコブシの蕾
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春が来た       散策日19/02/13

今年初めて花の撮影に出かけました。豊橋の山友の案内で新城市、ウメの湯の近くの石雲寺の境内に咲く 節分草を・・・平日老人会の男女で賑わっていました。撮影に来たのにカメラを忘れる、大失敗をして大笑い ガラケで我慢の撮影でした。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

久々の山歩き     18/08/29日

久々の山歩き、リハビリがもうすぐ終る、効果確認の山歩きである。水分補給以外の休みなく二時間余りの歩き、低山ではまだまだ暑い、早く秋に! こぼれびに映えるシダ 木々の切れ間に見える南アルプスの峰々 コースに多い苦手の丸太の階段 急傾斜面をトラバスする細い山道 雷岩だ、尾根に有る長野県側の展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝散歩    撮影日18/05/22

四月一日営業を開始した、歩いて三分の総合病院で、四月二日からリハビリーを受けながら指示に従い散歩を始めGWから早朝散歩を復活しました。 GW頃に植えられ、根付き力強く育ち始めた稲 道路を挟んでこちらは黄金に輝く小麦 収穫後はここにも稲が植えられるのであろう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンチョウの里    撮影日18/05/02

大空をタンチョウが飛ぶ「サンロード吉備路」に宿して、雨天で飛ぶ丹頂には出会えなかったが、湿地で採餌しているオグロヅルとシロヅルに出会いました。(シロヅルは中国語で丹頂をさし日本名ではソデグロヅルをさすとのこと、又タンチョウにはツルは付かないとの事)人工孵化した雛は歩行や採餌などは人が野外で訓練するそうです。成長して自然に戻るのだろう、二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと公園    散策日18/03/30

124.4haのひと山が公園になっている、管理棟も駐車場も御油側と御津側二ヵ所に完備、平日でお父さん抜きの小さな子連れフアミリイと老人で賑わっていた。 眼下に広がる御油の市街地 杉林の中に咲くコブシ レンギョ 山腹には山桜も満開の様子 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜     散策日 18/03/27

散歩コースに有る、集落に溶け込んだ馴染み易さを感じるこじんまりした、お寺さんの広場に10本ほどの、樹齢40年の表示が有る古木に毎年、厚みの有る見事な花を咲かせている。毎年カメラに収めているが、今年は開花したなと思ったら、一気に開花それも良く見ると壱百パに近い満開である。        古木の大きな幹に衣を羽織ったように咲い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅の里     散策日18/03/24

市役所にTEL、途中地元の方に確認しながら、着いた新城市奥三河の、どんづまりの集落、駐車場らしい所が無く車を止め見回していると、「そこへ止めてもいいよ」と言ってくれたおばちゃんに礼を言いながら目を引いたんは梅花では無く満開の桜、?この桜はと・・・「ずうと河津桜と思っていたら大島桜だった」とのこと確かに色が薄く花が少し小ぶり。梅の里に来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタの森     散策日17/11/28

暖かさにつられ身近な所に紅葉を求めて一人やって来ました、余り期待していなかったが、結構満足させてくれました。 山櫨か? 20羽ほどのカモに出会いました、今夜のねぐらはこの水辺か?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピラミッド    散策日17/11/13

岐阜県恵那峡に博石館にあると言う、ピラミッドを訪ねる、クフ王のピラミッドの10分の1と言うのを見に、山間部の紅葉を眺めながら走ってきた。温泉街にある、うまい手打ちそばをと思って来たが店も見ぬ前に渋滞Uタンする前の車につられUタン乾麺で我慢・・・博石館へと、石のことならここにおいでと言うくらい! 正面入り口部の様だが入ることは出来な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩村城址      散策日17/10/10

ここにも女城主が居た。この城址は出城で本丸の建物はなかったようだと居合わせたの地元人の話、親切にいろいろと駐車場近くの入り口は裏門だから少し下へ降りて正門跡から入るといいよとの話、教えに沿って歩くことにした。 正門への入り口 正門の右手にある六段壁 両側の城壁の上をまたぎ建物がありその下に扉が備えられ城主の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋸山ー2     散策日17/09/11

昨日PCが急に不調写真の貼り付けが出来なくなり(日割メモリーオーバー?)とも思えなかったが、 今日の書き込みとなりました。 百体観音 日朇堂 聖徳太子 知識不足で鋸山自動車道で山頂駐車場有料へ、これが失敗半分程の散策に終った。ここを通過して、内房線保田駅近くの鋸山安田口無料駐車場から表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋸山歩き      散策日17/09/11

少々長距離になるので、天候台風15号、雑用気にしながら、漸く日時決定発車にこぎ付けた。今日は降水量0だが明日は40%の降水確率、南房総知識不足だが何とか成功に終るように。 山頂駐車場より散策開始 走って来た有料道路 山頂展望台 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝散歩再開

11月~2月寒さに負け家に籠もり中断していた早朝散歩、三月に始めたところ2キロの折り返し点に来ると右足が痛くなって思うように歩けない、我慢して時々歩いて五月半ば完璧ではないが、痛みが弱まり休む事無く往復出きる様になった。最近は完全復帰を目指し毎日続けてます。 田植えの始まった圃場を眺めながら 家から歩いて五分のところに建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大滝渓谷      散策日17/03/28

寒さに負けて、動きが無くなった性か右足に異変、痛さを我慢して歩くとその後痛みが取れる感じ、これからは散歩を、山歩きの復活に・・・大滝渓谷に今まで気が着いていなっかったが、国定公園とあった。今日はリハビリにたっぷり歩く気構えでやってきた。 橋を渡ると渓谷の始まり これから谷を右下に見ながら登る 谷の向かい側にも新道が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天狗棚    散策日17/03/17

年明けから二度目の山行きです、尾根に出ると強くは無いが、冷たい風が吹いている。少しばかりだが尾根道にもガリガリの残雪が、前客が有るようだ、雪の上に新しい足跡がある。 明るいブナやミズナラの林 急登の階段を登り切ると尾根に有る展望台です、聖岳と思われます 津具村の集落 右端に明神山が見えます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳来寺ー4       散策日16/11/13

鳳来寺本堂です、本堂の左側に登山道が有ります、鳳来寺山頂付近に二つのお堂があります、尾根を右に下ると見晴らしの良い岩場に出ます、尾根を少し歩いて右へ下ると東照宮の左側に下りて来ます。登山道は東海自然歩道の一部です。 これから本堂の前を右に歩き東照宮に向かいます。 少し奥に見える左側の石段が東照宮への参道です。 石段を上がる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳来寺ー3       散策日16/11/13

今回は本堂直下の急登、昔の人は凄い、左に、右に鉄製の階段みたいに、ジグザグに石段を造ったものだ。 石段を造るための石垣これも見事なものです、それに石垣に狂いが無いところに感心します。 また左に右に折れて上部に見える灯篭の下の石段を昇る これで何回目、かぞえていなかった ここまで来ると本堂はもうすぐだ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳来寺ー2        散策日16//11/13

今回は「霧深し大傘杉はどれならむ」からですが、次第に石段が険しくなってきました。 それに遺跡?と云う感じさえします。 この扉はお祭りの時以外は開かないそうです。 突然ですが、1日の使用メモリーがいっぱいになったようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳来寺-1      散策日16/11/13

今日は久し振りに鳳来寺表参道を、鳳来寺山頂にも二つのお堂が在りますが、今日は出だしが遅かったので鳳来寺本堂と東照宮の参拝で終る予定です。真新しい門をくぐり大杉の林立する、ひんやりした森の中の参道を登る。好天に恵まれたは良いが、強いコボレビと強い陽陰で目がちらつく、フアインダが見難い!。日曜日とあって詣でる人も多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方広寺ー終わり

もっと有ると思って居たが、20個以上の建物有るのに撮影していない、屋内に入っては見ることに専念して巡って居た様だ。今日は観光客より僧侶に出会うほうが多い、100人は収容できる宿坊も有るので会合でも有るのか?寺の参道に2つの鳥居が建っている?受付の僧侶に・・鎮守半僧坊大権現をおまつりしていると言う。一文字菊の紋章は後醍醐天皇の皇子によって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方広寺-3    散策日16/09/27

「本堂」間口32m奥行き27m東海屈指の建物と聞く 参拝は右側の階段を上がり、中央の大額「深奥山」(山岡鉄舟居士の書と聞く)にて参拝、大額の上辺りには、向拝の上り龍下り龍の一木彫り 釈迦如来の頭上の垂れ幕には一文字菊の紋章(敬意表し正面撮影は遠慮) 向拝の上り龍下り龍の一木彫り(工匠岩五郎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方広寺ー2    散策日16/09/27

今回は今までとは違ったルートで入山したので黒門・山門等の参道に有る、見所をパスする事になってしまた。 駐車場から降りてゆくと正門から登って来た参道と合流、「亀背橋」で谷を渡ると境内である。 谷の向かいに鐘楼などの建造物も見えてくる 階段を上がると意外と長い橋である 鐘楼 正面に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方広寺       散策日16/09/27

山頂近く位置する方広寺を目指す。途中山友を乗せるためコースを離れて走り、通り筋なので立ち寄り地点を指定せず、注意を要する交差点で工事通行止め迂回している中に目指していた道路を見失う仕方なくナビに従う 事に、雑木林の中の細い道をくねくねと、何んと着いた所は目的の本殿見下ろす尾根の小さな駐車場。 参道を歩く事無く大本山方広寺、半僧坊総本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more